« 水内慶太句集 『月の匣』 | メイン | 荻原井泉水 「荻原井泉水 100句」 (『俳壇』3月号―俳壇誌上句集〈三十九〉) »

2009年3 月 5日 (木)

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

高山れおな

先日はお目にかかれて嬉しかったです。
こんどは小生の方から土浦の方へ参りましょう。いやいや、どうせなら水戸まで行って鮟鱇も乙かも知れません。ところで土浦あたりからだと筑波山は近いのですか? 小生、登ったことがなく、俳諧の連歌をたしなむ者としてはいささか忸怩たるものがあるのです。
お引越しお待ち申し上げます(笑)。なんのおもてなしもできませんが、床を拭いて、風を入れるくらいのことはしておきます。ではでは。

関悦史

高山れおなさま

先日はこちらこそ、おかげで楽しい時間を過ごさせていただいたというか、貴重な機会を持たせてもらいましたね。終電のために中座せざるを得なかったのが残念でした。
引越しの方は今週はちょっと間に合わなくなりそうですが、来週には何とか済ませたいものと。その節はよろしくお願いします。

ところで筑波山なのですが、ひょっとすると高山さんのお住まいからの方が近いかもしれませんよ。
というのは、関東地方の交通網は東京とそれ以外とを放射状に結ぶ路線が主になっているもので、東京に関わらない地方都市同士の横の移動は途端に貧弱になり、直線距離だけならともかく、こちらからだと車で悪路を延々と移動する感じになります。都内からつくばエクスプレスでという方がずっと利便がいいような。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

2017年9 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Powered by Typepad

最近のトラックバック