« 西村我尼吾 『西村我尼吾句集』 | メイン | 岡井省二句集 『鯨と犀』 »

2009年2 月 9日 (月)

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

高山れおな

関悦史様
こんばんわ。今しがた、豈weekly第27号の下書き作業を終えました。ご寄稿有難うございました。私はたまたま「鬣TATEGAMI」と「夢座」の寄贈を受けているので、江里さんの論・作はずっと読めているのですが、そうでないとなるほど江里さんは生き死にすらわからないということになるのですね。
ひとつ記述にお間違いがあります。江里さんの最新句集は、2002年7月に砂子屋書房から出た『クローン羊のしずかな瞳』です。

大虹をつきぬける鳥みな真顔
候鳥や天(そら)の述語としてすすむ
マネキンの新郎新婦に月がでた
キャプションに廃帝とある巨漢(おおおとこ)
満洲(マンチユリア)! 星が密猟されるという

なんていう句が載っています。

関悦史

高山れおなさま

ご指摘ありがとうございます。ウェブ上に間違いが上がっているとはた迷惑なので、本文に注記を追加しておきました。

そうなのですよ。最近特に、雑誌・同人誌的な情報・素養が自分は相当に欠落しているなと感じることが多いです。

「マネキン」と「満洲(マンチユリア)!」の句は何故か知っていますね。
どこで見たのだったろう。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

2017年9 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Powered by Typepad

最近のトラックバック