« 安井浩司の新作50句「蛇結茨抄」 (「―俳句空間―豈」47号) | メイン | 波多野爽波 『現代俳句全集 四』より »

2008年11 月19日 (水)

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

野村麻実

これ、かわいいですよね~。
何だコリャと正直、最初思ったんですけれど。

まるで詩のよう!
こういうのもアリなんだな~と感心しました。

関悦史

>野村麻実さま

そうですね。
のびやかで変でかわいいです。

伊東さんはもともと現代詩の方が関わりが長かったようで、俳句でも散文詩でもない、詩形の上でも「非場所」である境位を探り続けているようです。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

2017年11 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Powered by Typepad

最近のトラックバック