« 岡井省二句集 『大日』 | メイン | 夏目漱石 『漱石俳句集』 »

2009年1 月22日 (木)

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

堀本 吟

関さんとは、俳句作家へのアンテナが、とkどきひっとしますね。趣味志向がすこ合うのかな?
孚夷蘭 幾つかはいりきれないところがあり、数年抱え込んでいる作家です。巧いとは言えないけれど、なにか自分の追いつめかたが、ユニークと言うか・・。

関悦史

堀本吟さま

この人のを読んでいるという人が出てくるとは思いませんでした。
私の場合はもともと現代詩の延長として読む方から俳句に入ったもので、そうするといわゆる伝統俳句というのは、ほとんど読書対象として引っかかってこないのですよね。謎や不可解なところがどうしても残るという作家の方が面白いです。

野村麻実

> 夏の獄母が仏となるところ

「獄中記」という本を読んでいて、
当たり前のようでいてふと気がつかされたのですが、
肉親が死んでも獄中の人というのは、葬儀はともかく、
あとで報せを受けるのみ。

ひょっとしたら、そのことを詠んでいるのかしら・・・。
とチラッと思いました。またはそういう方が身近にいたか。。。

獄につながれるのは嫌ですね。
身近な話だけに。。。(←自虐ギャグですので放置お願いします)
最近も知りあいのDrが刑事の任意聴集を受けたとかそんな話ばかり。
あ~やな職業だ。(ここも独り言)

堀本 吟

そうするといわゆる伝統俳句というのは、ほとんど読書対象として引っかかってこないのですよね。謎や不可解なところがどうしても残るという作家の方が面白いです。」(貴)

私も、まあ、そういったところです。孚夷蘭氏は、鬼房氏以来現在も高野ムツオさんの小熊座にいます。思索性は豊かですが、存在論と言うような深読みはしない方がかえっていいのでは。作品はそこまでは達していないと想います、デモ、好きですよ、ナンカ・・。

関悦史

野村麻実さま

 母と獄の句、言われてみればそういう読み方もできますね(かなりつらい句になりますが)。

 大野事件はともかく無罪になりましたが、厳しい状況自体は変わっていないのですよね。

関悦史

堀本吟さま

素材としての自分の身辺・身体・生活にのみリアリティの保証を求めるやり方ではありませんからね。素朴さが残るとはいえ、この方向で一定の手ごたえに達しているのは貴重だろうと思います。現在では特に。

七風姿

「閑中俳句日記」大変興味深く拝見しております。俘夷蘭句集 『超獄』ははじめて知りました。
門外のママ多少俳句を囓るモノの、不勉強で俳句の本はほとんど読まないので、関悦吏さんのところで勉強させてもらってます。

「昼寝覚われ不在なりかつ非在」この句なんか、よくわかりませんが、自同律(じどうりつ)の不快なんてコトバを思い起こしますが。。。いや違うかな。。。面白いので注文しようかなと、思案中。

「悦吏の部屋」も読ませていただいてます。ワタクシには難しく理解は困難かもしれませんが、「マクデブルクの館 一○○句」をはじめ、「豈」や週間俳句の作品、評論など、読むものを飽きさせず、面白いです。これからも、活躍を楽しみにしております。

関悦史

七風姿さま

はじめまして。コメントありがとうございます。
いろいろ読んでくださっているようで恐縮しております(ただこちらの名前が微妙に間違われているのですが…。「悦吏」ではなくて「悦史」です)。

私もこの本はたまたま古本屋で見つけただけで、著者については何も知らないのですが、この句が直接関係あるかどうかはともかく、作風からして埴谷雄高の『死霊』あたりは読んでいそうですね。
今後もよろしくお願いします。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

2017年11 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Powered by Typepad

最近のトラックバック