« 「里」2010年3月号 | メイン | 古舘曹人句集『能登の蛙』 »

2010年3 月26日 (金)

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

池田澄子

関 悦史様
寒いですね。先日、太海に遊び、余りの寒さに季語が足りなくて困りました。「冴え返る」や「花冷え」ではどうにもならずデシタ。言葉にすると、寒いと書いても「春」になってしまうので、口惜しいったらないのでした。。
過日お会いした時に、「まだ書けなくてスミマセン」と仰ったので、わぁ「スミマセン」はイヤだなと恐縮し、またお送りしちゃってスミマセン、と口には出さず、思ったのでした。
お読みいただき、それだけで有り難いことですのに、評をいただき更に有り難うございます。一瞬、イケダスミコがかっこよく見えちゃいました。
ところで関さんも、二つのことは出来ない人のように見えますが、、、でしょ?踏むのは菫くらいまでにして、これからの俳句を見せてください。また、ぞっとさせてください。 

関悦史

池田澄子様
コメントありがとうございます。異常気象ネタはまず大概ろくな句にならないので頭の痛いことです。最近自然の側に季語に合わせてやろうという気遣いがあまり感じられませんね。
「二つのことは出来ない」はまさにその通りなのですが、それに加えてグズの大忙しが乗っかっている気がします。
句の方は作ってはいるのですが、出すところもないものでいずれまた週俳辺りで引き取ってもらおうかと。イケダスミコみたいに普段あまり俳句を読まない人にも面白がられるものを作りたいものです。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

2017年9 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Powered by Typepad

最近のトラックバック