« 伊東宇宙卵 「非場所(ヘテロトピア)/巣穴掘り編」 (「―俳句空間―豈」47号) | メイン | 林桂句集  『銅の時代』 »

2008年11 月23日 (日)

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

野村麻実

またまた遊びに来ましたo(^-^)o
というか、コメント書いてるのって私だけですね。別にいいけど。

>秋草の中や見事に甕割れて

が一番好きです!
やっぱり甕といえば秋ですね!!!
更に甕が見事に割れてるっていったら秋しかないでしょう!
というくらいの凄さですね(笑)。

荒神谷遺跡を訪ねたときの秋の田の風景を思い出します。
(学会ついでに、見てきました!)

>隙間風さまざまのもの経て来たり

発想が好きです。やさしいかな。

>ドレスの背につきまとふ蚊よ遠い月

これは男の視点ですけれど、まぁおしゃれなんてこんなもんです。
無理してハイヒールの踵が血豆だらけみたいな。
女性のおしゃれに幻想を抱く方が悪い!


>あかあかと屏風の裾の忘れもの

これ可愛いですね♪

関悦史

>僻地の産科医さん

レスが遅くなって失礼しました。

「秋草の中や見事に甕割れて」は「見事に」の使い方が見事ですよね。

この人は全体に、高速のストロボ撮影とか電子顕微鏡とか特殊な道具を通して初めてあらわれる世界を書いているようですが、挙げていただいた辺りの句はまだ人の知覚からあまり離れていない感じがします。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

2017年11 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Powered by Typepad

最近のトラックバック