« 宗田安正句集 『百塔』 | メイン | 安井浩司の新作50句「蛇結茨抄」 (「―俳句空間―豈」47号) »

2008年11 月12日 (水)

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

野村麻実

まず、句集の題名そのものが凄くステキですよね。
装丁も綺麗です。(本物は見ていないけれど)


天の川ここには何もなかりけり

天の川は美しく見えるけれど、何もないのか。
天の川が美しくて他に何も目に入らないほどであるのか。
ここにはなにもなくて、天の川のなかにとんでいきたいほどなのか。

いろいろ鑑賞の仕方があるんでしょうけれど、私はこの句が素直に心にスッと入ってきます。


オリオンに殺気漲り旅了る

これもいいなぁ。


高山れおなさまが、「いい句集ですよ」とお褒めになるだけのことはありますね。
とても綺麗でいい雰囲気を持った句集だと感じ入りました。
  
  

遠雷や死は気紛れに齎(もたら)され
魂匣(たまばこ)の流れ着くなり実朝忌

がこのなかでは私の一番ですo(^-^)o

野村麻実

あ、ごめんなさい。
なんだか睡眠不足と過労のせいか(と言い訳)非常に
語彙力不足のコメントになってしまいました。

関悦史

>野村麻実さま

句集の題名自体が五七五になっているというのは珍しいですね(実質101句目?)。

天の川の句は一読した際、この世界では求めているものは手に入らないという、象徴化された無念さのようなものを感じましたね。

オリオンの張り詰めた形を殺気と見るのはちょっと意表をつかれた感じですが、これもスッと納得できます。

ご多忙中のところをコメントありがとうございます。
睡眠はなるべくとってくださいね。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

2017年11 月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Powered by Typepad

最近のトラックバック