« 『平井照敏 花神コレクション[俳句]』 | メイン | 冨田拓也句集 『青空を欺くために雨は降る』 »

2008年11 月 8日 (土)

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

野村麻実

少女らも滝になるかもしれぬなり

初夢のあまりに美(は)しき馬の貌

の二句が好きです。羊水の句は“羊水”そのものにロマンが抱けません。。(;;)。


受胎とげしはレオナルド・ダ・ヴィンチか

は凄くコロンブス的発見なのですが、いわれちゃうと大したことないというか、
当たり前に見えてしまって残念な句のように思います。


理髪師が空海の笑みもらしけり

いいなぁ。。。。生きてる者ほど怖いものはないし、
生きている人ほど救いになる希望もまたないのかもしれません。


落つるときニヤリと笑ふ椿かな

落ちる時には笑いたいものですね(>▽<)!!!

関悦史

>野村麻実さま

馬、お好きですものね(この句だと馬に恋しそうです)。
羊水が身近すぎるというのは、こういう句の場合困りますね。

理髪師と空海は、日常に突然永遠性を伴ったあやしげなものが割り込んできていますが、考えたら、カミソリを持った相手に自分の頭を明け渡している場面なので説得力があります(女性が行く理容室ではカミソリで顔をあたったりするのは禁止されているらしいですが)。

私はこの中では「ばかばかしと蝶と蝶とがすれ違ふ」が印象的でした。
蝶の句もかなり多いのですが、こういう象徴性の強さゆえに月並みになりやすい題材をこれだけ使いこなす肝の部分が垣間見えたようで。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

2017年9 月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Powered by Typepad

最近のトラックバック